Day of beginning change

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
*Edit TB(-) | CO(-) 

雑記

暑さにやられはじめているみたいです

どもです(・∀・)∩



ますます暑さが増す今日この頃、みなさんは体調を崩してはおられないでしょうか?
自分の住んでる地域では、熱中症で亡くなられた方も出ているほどです
適度な水分補給や、日陰での休憩は必須です
自分も外でアホみたいに体を動かさないといけない諸事情があり、直射日光でふらりとしたことが度々…
やっぱり、若いとかそんな理由で調子に乗っていると、いつかしっぺ返しを喰らうので自分も素直に休憩しております


さてさて
普段はどうでもいいことばかり語ってる気がするので、たまにはこのブログの趣旨に沿って…

自分は小説を書くきっかけというか、案が浮かぶ瞬間って結構作為的なんですよね
まぁ、気分によりけりなのですが、急に台詞を言うのです(もちろん家で一人の時ですよ?)
しばらく、一人小芝居ですねぇ
まぁ、その時のシーンが書きたいと思えば、ジャンルが決定されますね
次にどういう状況でそんな流れにもっていくかや、どういうキャラクターをその場面に登場させたいかなどが決まります

例えば

「確かに俺ァ、牙を折られた惨めな負け犬かもしれねぇけどよォ、それでもなァ俺にはまだ吼えるだけの気力と前に進むための足が残ってんだよっ!!」

てな感じで、あからさまな死亡フラグを立てます
そんで、次に

「惨め以外の何者でもないな…貴様が今更、どれだけ吼えようとも、私に届く牙は無いではないか。このまま去るというのなら私は貴様には干渉しない」

ていう風に、強そうなキャラが出ます
これで、キャラが二人、更に最初のキャラが何かしら戦う理由があるようです

「そりゃ元々、俺ァこの女を殺すつもりだったよ。こいつを殺すだけで簡単に富と名声が手に入るんだからな。でもなぁ、こいつはそれでも自分を信じてやがった。いや、違うな…自分が死なないと誰かを信じてやがる。絶望的な状況だっていうのによ、毅然とした態度で助けを待って………」

「それで? なんだというのだ。そんな高貴な態度に触れ、改心したとでも言うのか? 馬鹿馬鹿しいな。他人に頼り切ったそれは貴様と同じ負け犬だ」

そして第三のキャラ登場。この辺りで、最初のキャラがどういうポジに居るのかが判明。
あと、最初のキャラと第三のキャラが何かしらの問答をしていた。

「改心? そんな綺麗なもんじゃねえよ。ただ、俺ァ……バカにされたまま尻尾巻いて逃げるなんて嫌なだけだ! その腐った目でしかと見とけ! 牙が折れた獣が、狩人の喉笛を引きちぎるとこをよォ!」

「蛮行とはいつの時代も愚者によるものだな」

こっから戦闘。

「獣にァ、磨かれた牙。それに、研ぎ澄まされた“爪”があるんだよォ!!」

「……ふゥ、貴様は所詮、愚鈍な獣に過ぎない。生まれてこのかた己の姿を見たことがないようだ。自分自身を血に飢えた獅子とでも思っていたのか? はっ、愚かしいことこの上ないな。いや、ここまでくると逆に哀れか。水面で水を飲む時ですら、その深淵に怯え、目を開けることが叶わず、それ故に水面に映るその姿を知らない。貴様は、ただ怯えるだけしかできぬ小さな狢だ」

まぁ、この台詞が言いたかっただけなんですけどねw
というような流れで、突発的な小芝居が始まり
気に入ったら、全体像を考えていく
この例だと、大体のファンタジー系で使えるので、ジャンルがファンタジーみたいな
でも、設定がここから膨らみそうにないので、これは没、みたいな感じに

大体がこの考え方だと、ファンタジー系になるんですよねぇ
多様なジャンルに挑戦したいと思っているので、恋愛とかはまた違った考え方にしてます

それでもまぁ、台詞はとっておいても後々使えるだろうから、メモっときます


皆さんはどんな感じに、新しくお話を創りますか?
題材を決めたりとか、はたまた想いをそのまま形にしたりとか様々だと思います





それにしても
なんだか、自分で見ていてもどうかなと思う内容なので
おまけで↓に最近発見したアレを






9anime055.jpg
も○しもん!?
FC2 Blog Ranking
*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~


こんばんは、遠野です。

自分も割と書きたいシーンから
話を作るってのが多いですね。

あとは興味持った問題をどう語るかってのも。
や、キャラや設定からってのも……。

まぁ、執筆歴がかれこれ二桁を超すような人なので
いろいろな始まり方がありましたw

それと書き始める前には、
起承転結の「転」を二個作るといいですよ。
最後のどんでん返し。

起承転転結みたいな感じですwww
#79[2010/07/26 20:22]  遠野秀一  URL 

Re: タイトルなし

> まぁ、執筆歴がかれこれ二桁を超すような人なので
> いろいろな始まり方がありましたw
おお、ベテラン
自分はまだまだ若輩者ですw

> それと書き始める前には、
> 起承転結の「転」を二個作るといいですよ。
> 最後のどんでん返し。
>
> 起承転転結みたいな感じですwww
なるほどなるほど…参考に、いや勉強になります


コメ、ありがとうございました☆
#80[2010/07/26 21:01]  リュ~ク  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。