Day of beginning change

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
*Edit TB(-) | CO(-) 

雑記

さぁ、もうちょい

どもです(・∀・)∩


明日明後日と乗り切れば、テストは終わりです

しかし、これが鬼門なのねですよ

明日が『ニュース現代』『日本史』

明後日が『総合英語』『古典』

全てが暗記系という…まぁ、文系なんで当たり前っちゃ当たり前なのですがね

というわけで、今日は勿論、一日勉強に費やしていたと思いたかった……



はい、親友のまーの家に遊びに行っちゃいましたw

まぁ、これが自分流なのです

勉強する時こそ、友と遊べ!

さすれば見えてくる……そう



レッドポイントΣd(・ω・´。)!!

悟りなんて開けたもんじゃねえ

いろんな意味で閉ざされていく

しかし、これこそ人生

楽しまなければ損である

とはいえ、TPOを考えずにそれをするのはアホではあるのだけど



あぁ、暑さで自分でも何を言っているのか解らん……

ぎぶみークーラー

なぜ、自分の部屋には窓もクーラーもないのだ!!

諸事情で愚妹に部屋をトレードされたのが全ての―――

ふゥ…別にこんなことをここに書いても仕方ないか



となると、なにを書くかだが…

今日のことはさして、面白いことはなかったしなぁ

いや、ないわけじゃないんですが、いかんせん書くほどじゃないっていうやつです

………

あぁ、そうだそうだ

もうすぐ夏です、はい夏です、てか夏です

というわけで、自分はある映画が脳裏をよぎりによぎっております

『時をかける少女』

所謂『TO☆KI☆KA☆KE』ですねw

自分、こういうの大好きです

メインキャラに声優を起用しないのを批判する人も居ますが、それがいいんです

リアルな日常を表現できてて、いい味を出していると思う

変わりに、随所に茶目っ気を出してていい

たとえば、担任が立木さんとか(←マダオ)

あと、黒板に書かれた意味深な文字とか(←これは是非、自信で確認して頂きたい)



ときかけ、と言えば

数々の名シーンや名台詞

自分、中でもラストが好みです

以下、ネタバレなので、見たくない人は続きをスルーで





真琴と千昭が夕暮れの堤防を歩いている

二人はおどけた態度で別れる(←この時の、真琴の強がりが…いい)

千昭が未来へと帰る

真琴は振り返る(←この時のアングルがいい)

そこには千昭の姿はない(←ここでさりげなく自転車とかが通ることで、日常を醸し出してる)

ふっと涙がこぼれ始め、泣き出す真琴

千昭が足早に戻ってくる(←ここのアングルがちょーいい。引いて、更に二人を影でぼかす感じ)

千昭が真琴の頭を振り向かせる(←おっ、ここでキスか!?)

「未来で待ってる」

真琴の頭をくしゃりと撫でて、そっと手を離す(←ここで、キスじゃなくて頭を撫でる……にくい演出だぜ)

「うん、すぐ行く。走って行く」

真琴が千昭に向かって、そう笑いながら言う(←この時、千昭のさりげにフレームアウト。既に飛んでいるのか、それとも居るのか……いい演出)

そして、アングルを引かれ、そこには真琴の姿だけが………



アホー、にく演出だぜ、このやろう!!

自分はアニメの企画とかに携る仕事に就きたいので、どうも人より着眼点がズレテイルラシイ

まぁ、そんなことはおいといて

みなさん、この夏はぜひ

TSUTAYAへwww





↓気に入ったらランクリしてもらえると嬉しいです



FC2 Blog Ranking
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。