Day of beginning change

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
*Edit TB(-) | CO(-) 

ねこぶっ!!

《第捌話 豪華賞品と猫部の後日談と》 3




Back                                        Next

さて、話は綺麗に収まらないのが、僕を取り巻く事件だ。なんで、終わりよければ全てよしだというのに、こうまで僕は不運なのだろうか。
翌日。あまりにもショッキングな事件(僕限定)に自分という存在を生まれて初めて否定した。
桜坂学園“裏”新聞の号外が各学年、各クラスに配布された。
そこに―――【サバゲーに闖入者?! ネコミミの男女。女性のほうは何とゴスロリ?!】
もう生きていけない。
少しピンボケしてるとはいえ写真付で配られてるし。
「おーい、空真。こっち来いよ」
敢えて避けてきた高志との接触。よし、僕も男だ。腹くくってやる。さぁ、こい。
「さぁ、こい。って、俺が呼んだんだが」
しまった。つい、言葉に。
「それより、空真。見たか、この記事」
「さぁ、こい」
「だから、何だよ。いいから、見てみろって。お前には遠坂先輩が居るかもしれないけど、これはヤバイぞ」
高志め。焦らし攻撃とは、エグイじゃないか。
「このゴスロリちゃん。めちゃくちゃカワイイぞ」
なっ!? なんだとー!!
「話によると、ファンクラブもできたらしいぜ。それに捜索隊も設立されたとか…俺も入ろうかな…」
「ダメだ」
「何がだよ?」
「兎に角、これ以上、この写真の人に関わっちゃダメだ」
ウソだろ!? まさか、そんなことになっているとは。しかも、ファンクラブに捜索隊だとぉ!? 発見され次第、僕は自殺志願者へと成り果てるだろう。あぁ、男として腹をくくったのに、女になっていたとは。うぅ、なんか虚しい。
片や、某所の最奈が“裏”新聞を見て一言。
「これはもしや……」
「しかもよお、この人。俺、夢で会ったような気がするんだ」
夢じゃないリアルだっ。しかも、毎日会ってるし。
「これって、運命じゃないかと思うんだが」
運命じゃない、というか、キモイこと言うな。
「空真、この人。やっぱ、知らねえよな?」
知ってるも何も、それは僕だ。まあ僕の中では、新たな人格クウマということになったが。それは僕であって僕でない。……そう僕じゃないんだ…。
「とりあえず、ファンクラブの会長は“遠坂先輩”だから…ファンクラブ本部って何組だったかなぁ?」
ん? 今、何と。ダレ先輩だって? 
「おい、今、何て言った?」
「いや、だから、何組だったかなぁって」
「違う。もう少し、前だっ」
「遠坂先輩が会長だから……?」
 目の前が真っ白になった。
 
  
放課後、部活動中。相も変わらずに、猫部は賑わっていた。
まぁ、全ての始まりは忍先輩で終わりもそうだ。
結局は「問題ない」の一言で終了。
それに対して「しかたないですね」で……終わると思ったかコノ ロー。今回は何とか止めさせることに成功した。何でも言うことを聞くと思ったら大間違いだぜ。
それでも、忍先輩は不意打ちが得意だ。
「あたりまえだ。空真は私だけのものだ。そうだろう?」
「―――――っ!」
そんなにハッキリ…軽く致死量の言葉責め。
クールな表情の中に、見え隠れするいつになく悪戯気な表情にグッとくる。
「さて、私専属の“モデル”に今日もがんばってもらわねば」
 はぁ~。いつか私だけの――――――にはならないかな……。
いつのまにか、ヤマトとナデシコは逃走していた。あいつら……。
それから、小一時間。ネコミミ片手にマジ顔で追ってくる忍先輩から逃げるために、無人の旧校舎を奔走。そんな中だというのに、僕は少し嬉しかった。なんだか、この生活、この環境に快楽を見出しているのかもしれない。おっと、断じてマゾヒストに目覚めたわけではないよ。そういうのじゃなくて、心地がいいんだ。
いつまでもと、願い続けたくなるような。そんな心地よさ。
「空真ぁ。サバゲーで来ていたアレを着るんだ」
「ふぇ~」
……でも、今は早く終われと願い続けたくなるような……。 

余談だが、後日知りえたことである。ヤマトはメスで、ナデシコはオスだった。伝えるといろいろメンドイことになるだろうと思い、このことは僕の心の中にしまっておくことにした。なんかゴメンな、二人とも(?)
まっ、当の本人(?)たちがどう思っているかは定かじゃないし、 どう足掻いても分からないだろうけど。

それにしても疲れた。ほんの一週間ほどの間にいろんなことが起きた気がする。
猫騒動。
サバゲーへの参加。
妙なネココス男との乱闘。
猫缶の強襲。
二匹の新入部員。
どれも中心に先輩が居る。
それだけで、僕はなんだか救われる気がする。

あぁ~、それにしても疲れた。

Back                                        Next


FC2 Blog Ranking
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。