Day of beginning change

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

バトン

バトン

Q1 手を差し伸べて
A1 ぎゅっと握ってくれたあたっかい手
Q2 背中合わせ
A2 いつまで経っても抜かせないと思っていた
Q3 ふとした瞬間に思い出した
A3 それは公園で見かけた二人
Q4 唇を開けば
A4 今はもう…嫌味や憎まれ口。反発ばかりしている。
Q5 絶対、言えない
A5 でも、ずっと理想なんだよ
Q6 私の為に泣いて?
A6 なんてことは一度もなかった。きっと、それが貴方の流儀だって知ってるから。
Q7 ご存知ですか。
A7 いつも貴方の背中を見てきたんですよ。いつだって、ヒーローは貴方一人だった。
Q8 痛いのは
A8 殴られたほうじゃない、殴ったほうだって痛いんだぞ。そう言ってくれたのは何時だったか…
Q9 君が、この世で一番嫌い
A9 相容れないのは、そういう関係だから。好きとは思わない、だって尊敬の対象だもの。
Q10 涙を添えて
A10 貴方が大事なことを言ってる時、いつも涙を流す自分が居たのを、懐かしく思うよ。
Q11 ねぇ、お願いだから
A11 俺はお前より先に……なんて言わないでくれよ…
Q12 「    」
A12 貴方が唯一、俺みたいなバカに言葉を詰まらせたこと。それはきっと…仕方のないことだったんだよ。
Q13 嘘吐きはどっちよ
A13 貴方の言葉はいつも理不尽に聞こえた。言ってることは絶対に違うと思っていた。そういう自分が間違っていた、今更ながら気づいたよ。
Q14 ふ た り ぼ っ ち
A14 俺がするしようもないことに、いつだって笑ってくれた。
Q15 失くしてしまったピース
A15 貴方はそう思ってるかもしれないけど、俺の中では失ってなんかいないよ。どんな形であれ、あなたはかけがえのないピースなんだから。
Q16 微笑みの理由
A16 貴方が微笑むとき、それはきっと貴方自身への戒め。だって、俺の前で笑うのはいつだって大笑いだったじゃないか。
Q17 たった、ひとつ
A17 言えるのなら、貴方は俺のたった一人の親父だよ
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(2) ▲PageTop


 更新履歴カレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。